「こどもに教えなければいけないこと」 隂山さん

6月になり
衣替え。毎年あわただしくしていて
「あっ!明日から140.png汗」「まだ用意してない~!」ということも
しばしばでした。

今年は早めに押し入れから
ゴソゴソと出しておいて
「今年はオッケー!!」

と思っていましたが…
お姉ちゃんの取れていた制帽のリボンを
まだ縫い付けておらず142.png
相変わらずどたばたな
衣替え初日でした。。



さて、図書館で借りた本シリーズ
またまたです。

「ん~、そうだよなぁ112.png」と感じたので
ご紹介です。

(「edu」 小学館 2014.10月号より抜粋)
百マス計算でおなじみの
隂山英男さんのお話でした。


『子どもにいちばん教えなければいけないのは
「幸せとは何か」ということです』

『どんなに勉強ができても、東大に入ってもいつも何かに
後ろから追い立てられるような生活は、幸せからはほど遠い。
追われる子供もきついけど、追い回す親もしんどい。』

『子ども時代に幸せという感覚がわかるように育てる』


『親は、子供に何かしようとする前に
まず自分自身が納得のいく生き方をしているかどうかを
考えてほしいんです。』

『母の笑顔に不幸は近づけない』

『子どもと一緒にいて楽しいと思えるような時間をつくる。
料理をしたり、散歩をしたり。子どもが何かに夢中になる時間を
つくるのもいいし。それが子どもに幸せの感覚を教えることに
なるんじゃないかな。』



『子どもが小学生時代は黄金期』
「子供が小さいうちは、なかなか大きくなってくれない
ように思うかもしれません。でも、高学年を過ぎると
あっという間に大きくなります。」
「子供たちと過ごす時間はかけがえのないものだと、
これもあとから気づくんだけどね。短い時期だからこそ
大事にしてほしい。」




という内容でした。

確かに、友達のところの兄弟が
「もう6年生153.png」と聞いて
「この前まで3年生くらいだったのに…」

小学校は6年間
長そうに感じますが
先輩ママに聞くと「すぐ終わるよ~」
だそうです。

中学になれば週末も部活動ですし
ホント、今が「黄金期」なんでしょうね~

6月になり、夏休みの気配も感じてきますね

ちょっとポジティブに夏休みを
迎えようと思います164.png174.png
せっかくなので一緒に楽しいことしたいですね166.png


[PR]
by orange-gohan | 2017-06-01 09:22 | Comments(0)

こころとからだにやさしいごはん


by orange-gohan
プロフィールを見る
画像一覧